2005年06月10日

韓国で報道されたレッドカード

とうとう日本がワールドカップ出場決定。

開催国を除いて、世界一番乗り!



会場の外から聞こえてくる日本サポーターの、

太鼓や応援歌にじーんとなり、

大黒が2点目を入れた時もじーんときた。

嬉しかったぁ。


相手、北朝鮮の選手も、もう後がないので、

必死で戦って闘志をがんがん見せた。


しかし後半のあれはどうだろう。

確実に仮想敵国と戦ってましたよね。

イエローなんて怖くないと、

日本を痛めつけてやろう的な攻撃ありましたよね。


極めつけは後半終了間際のレッドカード。

中澤が「こらー」と言って止めに入った、

北朝鮮キム・ヨンスの頭キック。

あれはいけないでしょう。


しかし韓国のニュースでは、

日本の卑怯な攻撃により、キム・ヨンスは、

レッドカードで退場になったと報道されていた。


歴史問題で湾曲、湾曲と言っているが、

どっちが湾曲なんだと驚いた。


みんなあれを信じるんだろうな。

報道の怖さを知ったワールドカップ最終予選。

人気ブログランキング
この記事へのコメント
トラバありがとうございます!
韓国でそんな風に報道されてたんですね・・・ショック。
スポーツを通じて理解し合える、なんてことは夢にすぎないんでしょうか・・・
Posted by メグミ at 2005年06月13日 03:35
TBありがとうございます
韓国でのそのような報道は知りませんでした
見解はいろいろあると思いますが湾曲しての報道はイケマセン
Posted by ソニック at 2005年06月13日 09:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


6・8 in バンコク
Excerpt: 私はどちらかと言えば、柳沢選手のシュートの方が感動した。一点目ということもあったし、ボールの地点までのダッシュがすごかったし。それにしても37℃とか湿度56%とか、その中でサッカーをやること自体すごい..
Weblog: 平凡な主婦の平凡な日々
Tracked: 2005-06-13 02:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。