2005年05月23日

保坂尚輝の苦労話

「いつみても波乱万丈」に保坂尚輝がゲストで出ていた。

その内容にびっくり。

まだ彼が7歳の頃、両親が亡くなっている。

再現VTRの中ではっきりとは言ってなかったが、

多分自殺なんだろう。


前日、おばあちゃんの所で寝なさいと言われた。

次の日、目覚めるとたくさんの刑事が自分の家に居た。

静岡のローカルニュースで自分の家が写っていた。


これらから考えられることは一つだった。




7歳にして両親を失い、自分の力で生きていくことを決意したそうだ。

父親になる
父親になる



彼を見ていると、強くなければならない、

何か意地はって弱い部分を封じ込めてるように思っていた。


それも無理はないなと思った。

人気ブログランキング


しかし保坂尚輝はよくしゃべる。

福留さんの話に、かぶせてしゃべりたおす。

すべての行動に意味があったことを力説する。

だからこういう自分になってしまったという、

自己弁護にすら見えた。


もう十分話聞いたから電話切りたいと思っている女友達の感覚に陥った。


もっと芸能ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


保坂尚輝
Excerpt: 保坂尚輝の最新情報をチェック!ad5();         保坂尚輝...
Weblog: [TW] HOTWORDS
Tracked: 2005-06-15 17:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。